土地家屋調査士 行政書士のことなら サチ不動産

0535763540

お問い合わせ

営業時間: 8:30~18:00 月曜日~土曜日 (日曜定休)

土地家屋調査士業務

土地登記

相続した土地を相続人で分けたい

土地の一部をお隣さんに売りたい

複数の土地をひとまとめにしたい

土地の利用目的を変えたい

登記簿の面積と実際の面積が違っていた

こんなときは、土地家屋調査士にご相談ください。

土地家屋調査士は、土地や建物の登記申請の専門家です。

不動産の登記は「表題に関する登記」(すがた・形)と「権利に関する登記」の2種類に大別され、土地家屋調査士は、前者の「表題に関する登記」(すがた・形)を正確に公示して権利対象物の明確化・不動産取引の安全性を目的に法務局(登記所)に申請します。

土地については、「所在」「地番」で土地の場所を特定し、どんな用途に使用されているのかを「地目」で、土地の大きさを「地積」で表します。

土地登記はこんなときに必要です。

一つの土地を分けたとき
土地分筆登記

土地分筆登記

複数の土地を一つにまとめたとき
土地合筆登記

土地合筆登記

土地の地目(利用目的)がかわるとき
土地地目変更登記

土地地目変更登記

土地の実際の面積が相違してるとき
土地地籍更生

土地地籍更生

建物登記

建物を新築したとき

建物を増築したとき

建物を取壊したとき

物置や車庫を新しく作ったとき

登記簿に存在しない建物が記録されている

こんなときは、土地家屋調査士にご相談ください。

土地家屋調査士は、土地や建物の登記申請の専門家です。

不動産の登記は「表題に関する登記」(すがた・形)と「権利に関する登記」の2種類に大別され、土地家屋調査士は、前者の「表題に関する登記」(すがた・形)を正確に公示して権利対象物の明確化・不動産取引の安全性を目的に法務局(登記所)に申請します。

建物の登記については、「所在」「家屋番号」で建物の場所を特定し、どんな用途に使用されているかを「種類」で、主要構成材・屋根の材質・階数を「構造」で、各階の大きさを「床面積」で表します。

建物登記はこんなときに必要です。

建物を新築したとき
建物表題登記

建物表題登記

建物を増築したとき
建物表題部変更登記

建物表題部変更登記

建物を取壊したとき
建物滅失登記

建物滅失登記

測量業務

現況図を作成したいとき

土地の正しい面積が知りたいとき

お隣さんとの境界をはっきりしたいとき

土地を売る際に、境界を明確にしなければいけないとき

亡失した境界杭を復元したいとき

こんなときは土地家屋調査士にご相談ください。

土地家屋調査士は、登記手続きに関連する測量の専門家です。

また、土地の境界をはっきりさせることは土地家屋調査士にしかできない仕事です。

ご自分の大切な土地の境界は、ここと、正確に指し示す事が出来ますか?

又、その点は、隣地所有者の方と認識と一致していますか?

測量と境界に関するお困りごとは土地家屋調査士へおまかせください。

測量はこんなときに必要です。

現況図面と作成したいとき
現況測量

現況測量

土地の正しい面積が知りたいとき
面積測量

面積測量

お隣さんとの境界がはっきりしないとき
境界確定測量  

境界確定測量 

亡失した境界杭を復元したいとき
境界杭復元

境界杭復元

0535763540